FC2ブログ
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カトゥラエ族を倒しにいこう!時間POP(Iratham・Yaanei・Kutharei・Sippoy)編)

アビセアメインクエストをクリアーする為に、
6体討伐しなければならないカトゥラエ族。

今回は時間POPとなった(ヴァージョンUP後)4体についてまとめてみました(^ω^)




①Iratham(イラタム) 場所:アビセア-タロンギ

≪詳 細≫
名称Iratham
種族アルカナ類カトゥラエ族
出現場所(H-7)~(I-7) 山周辺 マンドラゾーンからマンティゾーンを往復
出現条件満月とその前後(十三夜・十六夜)は常時POPしている。
倒されると15分ほどでリポップ。
その他の月齢ではヴァナ21:00にPOPする。
戦利品ティマリジョシャン 【胴】 防59 HP+22 ヘイスト+2% モクシャ+6 Lv79~ 戦ナ暗竜
メリディアンリング 【指】 HP+90 耐闇-20 Lv80~ All Jobs
アクィラインベルト 【腰】 防5 飛命+6 魔法命中率+3 魔法攻撃力アップ+3 Lv80~ シ狩コ
土の鉱石
アートマ陰陽のアートマ
称号イラタムキャプチャラー


≪使用WS≫
名称範囲効果空蝉備考
アフリクトゲイズ前方範囲ダメージ+悪疫貫通
自身中心範囲バインドフィールド-範囲広め
ディアボリククロー単体3回攻撃+魔法防御力ダウン3枚
ヘルクレッシェンド自身中心範囲ダメージ+麻痺消去深度高
ステュクスサイクロン自身中心範囲ダメージ+静寂消去
デスディミヌエンド自身中心範囲呪い(HPmaxダウン50%)
+バイオ
貫通
マラインインボケション自身中心範囲ダメージ消去
ステュクススフィア自身HP回復+状態異常回復-
シャドウレック大範囲防御力ダウン(50%)
+1000前後ダメージ
消去魔法が届くギリギリのところで回避可能
バリア発動時ダメージ2倍



使用魔法
スリプガII、ディスペル、IV系精霊、ガIII~IV系精霊、古代、古代II、コメット
HP50%以上:ファイガIII、フレア、ディスペル
HP50%以下:フリーズII、ブリザガIV、スリプガII


特徴
  ステータス
o ダブルアタックあり。

  耐性
o スタン累積耐性あり。
o 有効:スタン、アドル、スロウ、麻痺、毒。
o 無効:ディスペル。

  挙動
o コメットは序盤から使用する模様。
o HPが減ると上位の魔法を使うようになる。

  魔法バリアについて
o ステュクススフィア使用するとソウルフレアのような魔法バリアが発生。
o この魔法バリアは魔法ダメージを一定値吸収する。
o 魔法バリア発生中はNMの魔法攻撃力がアップし、魔法ダメージが約2倍まで強化される模様。
o 魔法バリア発生中でも弱点を突くことは可能。魔法バリアはある程度魔法ダメージを与えると消滅する。


≪戦闘後記≫
アビセアクエの討伐目的やティマリ胴が優秀なので、意外と人気のあるNMです!

7人+現地で称号がほしい人と途中アラを組んで討伐。
幸薄さんがなんと釣り勝ち!
Lv90の忍 1人が盾兼削りで回復を厚めにすることで余裕で討伐。



魔法攻撃力は特に高いと言うほどではない。*3ただし後述のバリア中の魔法攻撃力アップ、およびディアボリククローの追加効果「魔法防御力ダウン」が重複した場合はこの限りではなく、HPを超強化したナイトですら一撃で瀕死 or 即死するほどのダメージを被るため要注意。
ディスペルをレジストし、スタンは徐々に耐性がつく。

バリアのようなエフェクトが発生した場合、魔法攻撃力が2倍になる特性がある。この状態で「シャドウレック」をくらってしまうと2000~3000程のダメージを受けてしまう。この対策としてHPを増加させるアートマをつけておくことが望ましい。

精霊魔法で一定のダメージを与えると魔法攻撃力アップの状態は解除される為、黒魔道士は2~3名いると安定しやすい。範囲攻撃が強烈であるので、魔法攻撃力アップの状態の時は与TPを考え、物理攻撃やペットでの攻撃はなるべく控えた方が良い。
終盤追い込む時に絶対防御、もしくは侠者の薬を使用しておいた方が良い。

終盤になると連続でTP技を繰り出すようになり、狂ったようにシャドウレック等の凶悪な範囲がくるため、できるだけ与TPを減らすように心がけよう。






②Yaanei(ヤーネイ) 場所:アビセア-アットワ


≪詳 細≫
名称Yaanei
種族アルカナ類カトゥラエ族
出現場所パラダモの丘頂上
出現条件時間ポップ ヴァナ時間15:00にPOP
戦利品エストクルケープ 【背】 防8 MND+5 強化魔法スキル+6 強化魔法の効果時間延長 Lv84~ 赤
フェリンネックレス 【首】 CHR+6 命中+7 攻+7 ペット:ダブルアタック+2% Lv84~ 獣
アイアスボンネット 【頭】 防31 HP-20 STR+8 DEX+8 命中+5 Lv84~ モシ狩忍青コ踊
雷の宝珠、光の宝珠、ウーツ鉱
称号ヤーネイ クラッシャー
アートマ虚空のアートマ


≪使用WS≫
技名称範囲効果空蝉備考
ヘルクレッシェンド範囲ダメージ+麻痺消去
デスディミヌエンド範囲呪い+バイオカーズナ可能
ステュクススフィア敵自身HP回復&状態異常回復-2000程度
インタフィアランス範囲ダメージ+ディスペル消去
マラインインボケション範囲ダメージ+アムネジア消去
ベシージャベイン大範囲テラー+バイオ+呪い+ヘイトリセット貫通


使用魔法
HP50%以上:ブレイク、サンダーV、ストーンV
HP50%以下:スロウガ、ブレクガ、スリプガII、サンダガIV、ストンガIV

特徴

* ケープ、ネックレスは100%ドロップ。
* ステータス
o 移動速度は普通、マラソンは容易だがタゲが切れると消失する事がある。
o ダブルアタックあり。攻撃力高い。
* 耐性
o 闇耐性。
o 有効:スタン、アドル、エレジー、スロウ、麻痺、毒、暗闇。
o 無効:静寂、睡眠。
* 挙動
o HP50%以下になると特殊技を一度に2,3回連続で使用する。
o ベシージャベイン使用直前に標的のPCを引き寄せる。
o ベシージャベインの呪いはソラスサクリで吸収可能。ミゼリエスナでも治るのを確認しました。


≪戦闘後記≫
LSのRタル氏と共に 忍+白の2人で討伐!

WSの注意点(呪いをソラス+サクリ か ミゼリ+エスナで治す)ことだけ確認して戦闘。
特に危ない所もなく、時間はかかりましたが討伐!!
MPも余裕はありました。(邪鬼あり)

テラーやアムネが心配なので、
ドミニオン戦績で交換できる抗テラー薬と抗アムネジア薬を持っていきましたっ!

山登りがしんどいだけ(つД`)






スタンは有効。
パライズとスロウは有効だが、どちらも徐々に耐性が付く。

ガは数名でくらっても1200~1500前後くらうため、前衛も後衛も最低でもHP2000以上ブーストしておきたいところ。
盾に関しては最低でも3500以上推奨。
メンバー全員聖水を2D以上用意しておくのが望ましい。
攻撃技の多くが蝉消去の範囲ダメージという手ごわい相手だが、特に脅威なのが後半に使用するベシージャベイン。ターゲットしているPCを引き寄せて複数回使用する。1分程度のテラーやバイオのスリップも痛い上に、終盤になると範囲がさらに広がる。
残りHP1割以下になったら、狂ったようにWSを連打してくる。
ヘイトリセットや1000~1500前後の範囲WS連打してくるため、戦闘不能に陥りやすい。なので前衛後衛共に侠者の薬を用意しておくことが望ましい。
残り2~3割くらいになったらアタッカーPTに絶対防御をかけて追い込みをかけ、1割程まで削ったら侠者の薬を使用して畳み掛ければ事故死する確率は極端に下がる。
TP技を使用した後は一定時間の間、強力な物理ダメージカットが付く為、出来る限り無駄な与TPは抑えたい。
物理ダメージカット中にステュクススフィアを連発されるとジリ貧に陥る可能性があるからだ。

デスディミヌエンドの呪いは聖水・カーズナ共に有効。
ベシージャベインの呪い中は回復魔法無効。カーズナ無効。
呪いを受けた状態でのハートオブミゼリ+エスナや、ハートオブソラス+サクリファイスで治療や転移は可能。




③Kutharei(クタレイ) 場所:アビセア-ミザレオ


≪詳 細≫  
名称Kutharei
種族アルカナ類カトゥラエ族
出現場所(G-10) I-10の門より移動  天華崎(G-10)
出現条件20分間隔時間POP ヴァナ9:00POP?
戦利品レイダーブーメラン 【投擲】 D43 隔286 命中+3 二刀流効果アップ Lv84~ シ
ナバーチマント 【背】 防9 飛命+7 魔法命中率+7 スナップショット効果アップ Lv84~ コ
ローレルリース 【頭】 防24 魔法命中率+10 コンサーブMP+8 15HPをMPに変換 Lv84~ 白黒赤召青学
オックスブラッド、氷の宝珠、ダマスク織物
称号クタレイ アンホーサー
アートマ無常のアートマ


≪使用WS≫
技名称範囲効果空蝉備考
アフリクトゲイズ自身中心範囲ダメージ貫通
敵自身悪疫フィールド(スリップ30)
+バインドフィールド
-
ディアボリククロー近接単体物理ダメージ(3回)
+魔法防御力ダウン
3枚
インタフィアランス自身中心範囲ダメージ貫通
マラインインボケション自身中心範囲魔法ダメージ
+アムネジア
貫通
ステュクススフィア敵自身HP回復&状態異常回復-参考:回復量2000弱
バナレットチャージ自身中心広範囲瀕死ダメージ(HP=1)
+ディスペル+ヘイトリセット
貫通2割前後から通常使用
範囲が非常に広い



使用魔法
ファイアV、ファイガIV、エアロV、エアロガIV、サイレガ、ディスペガ、グラビガ、アドル(範囲化)

特徴

* 日中のみ出現⇒ヴァナ22:00でポップ確認。
* ヴァナ9:00にポップ
* ブーメランとマントは100%ドロップ。
* ステータス
o 移動速度普通またはやや速い?
o ファストキャストあり。
o ダブルアタックあり。攻撃力高い。
* 耐性
o 被物理/魔法ダメージカットあり。闇耐性。氷カット、風水は通りやすい。
o 有効:スロウ、スタン、アドル、麻痺、毒、影縫い、暗闇。
o 無効:グラビデ、バインド、睡眠。
* 挙動
o 初期は5系精霊やアドルを使用し、HPが減るとガ系弱体/精霊を使用するようになる。
アドルはHPが減ると範囲化される?
o HPが一定値以下になるまで使わない技がある?
スフィア、クロー、ランスは初期から使用を確認。
o HP2割前後になるとスタン無効、バナレットチャージを多用するようになる。
アレキサンダーの絶対防御は貫通されます。


≪戦闘後記≫
白門警備中にシャウトがあったので便乗。

門をくぐってすぐの所まで、NMは徘徊してくるので、注意が必要!
後半使ってくるバナレットチャージはスタンで止められるし、
止められなくても、落ち着いて大ケアルで対応すること!




カトゥラエ族の固有技やファイア系精霊魔法(ファイアV、ファイガIV)、グラビガ、サイレガ、ディスペガ等の範囲弱体魔法を使用する。
ガは数名で受けても1000~1500前後のダメージになるため、可能な限りスタンで止めにいきたい。
HP低下以降は範囲化されたアドル、さらにはエアロ系精霊魔法(エアロV、エアロガIV)も使用するようになる。
範囲技が非常に凶悪で1500オーバーのダメージを撒き散らし、終盤では連打されて一気に崩れる危険性がある。
そのため盾役のHPは4000程度、盾以外のジョブも可能な限りHPブーストをすることが望ましい。(HP2000以上推奨)
また、戦闘するメンバーは前衛のみならず、後衛もバスティオン審理官から抵抗軍戦績150と交換できる侠者の薬を用意すると良い。
可能であれば、終盤は召喚で削る方が安全度は増す。
ただし、Kutharei自身の回避と各種耐性が高いので、召喚魔法スキルのブーストはできる限りしておきたい。
魔法耐性は極めて高く、精霊で削るのは相当に難しい。

神聖魔法、水系の精霊魔法が通りやすい。またスロウ・パライズ・アドルなどは入るため積極的に入れていきたい。

物理カット50%、魔法カット25%程度も有していると思われる(戦士のアビリティ:トマホークが有効)。
また通常攻撃のDAなども少ないので蝉さえ張っていればTP技以外で死ぬことは滅多にない。(前衛で300~450)

前衛が多い構成の場合は、与TPの問題からTP技による瀕死や状態異常に陥りやすい。
周囲に雑魚敵がおらずTPを気軽に貯めることもできないので、青魔法や精霊、ペットジョブ多目の構成が楽。

盾が一人だけの編成ならば、終盤のバナレットチャージで死ぬことは無いため追撃が入る前に回復することで維持することができるが、回復役が他の範囲技に巻き込まれると即死する可能性が非常に高いため、TP技の範囲を常に把握し、ヘイトリセット後は速やかにタゲを取り返す必要がある。





④Sippoy(シポイ) 場所:アビセア-ブンカール


≪詳 細≫
名称Sippoy
種族アルカナ類カトゥラエ族
出現場所(E-7) キノコゾーン
出現条件ヴァナ時間03:00に出現
戦利品ラベジャーオーブ 【投てき】 STR+4 攻+8 Lv84~ 戦
アエドマティネ 【首】 歌の詠唱時間-3% 歌の効果時間延長 Lv84~ 吟
ベロチェツッケット 【頭】 防38 攻-6 モクシャ-6 ヘイスト+6% Lv85~ 戦ナ暗侍竜
カラクール羊毛、ダマスク織物、霊芝、クロマカラクール革、セイレーンの髪、アダマンインゴット
称号シポイ キャプチャラー
アートマ刹那のアートマ



≪使用WS≫
技名称範囲効果空蝉備考
インタフィアランス前方直線範囲ダメージ貫通
マラインインボケション自身中心範囲魔法ダメージ
+アムネジア
貫通
ステュクスサイクロン自身中心範囲魔法ダメージ
+静寂
貫通
ダークエアリビズメ自身中心範囲魔法ダメージ
+強化全消し
貫通ダメージ2000近く
範囲が非常に広い
ステュクススフィア敵自身HP回復&状態異常回復-2000程度回復



使用魔法
共通:バインガ、ブライガ、パライガ
HP50%以上:ウォータV、ブリザドV
HP50%以下:ウォタガIV、ブリザガIV

特徴

* 出現するとキノコ広場をぐるぐる巡回する。
* オーブとマティネは100%ドロップ。
* ステータス
o 移動速度速い。
o 攻撃力/魔法攻撃力とても高い。
* 耐性
o 闇耐性。
o 有効:スタン、スロウ、麻痺、暗闇、毒。
o 無効:睡眠。
* 挙動
o HP50%以下になると強力なファストキャスト状態になる。
o ダークエアリビズメ後にヒューマンキラーが発生する。


≪戦闘後記≫
白門警備中にシャウトがあったので便乗。

ちょうど、カトゥラエ族討伐が大盛況の中だったので、
自分たち以外にもNMを狙っているアラが多数いました(´・ω・`)

1度目のでは釣り負け、キノコゾーンの広範囲でPOPします><

2度目は幸薄さんが釣り勝ち!(爆)

しかし、慌てたメンバーが雑魚キノコに誤爆してしまい、
周辺のキノコがいっぱい集まるカオスな状況に(つД`)

なんとか盾に回復1名つけて雑魚殲滅>持ち直しが可能でしたが、
状態異常を把握して戦うとかなり楽に


出現場所が乱獲PTのキャンプ地候補であり、運悪く乱獲中にPOPした場合、ほぼ間違いなく絡まれるだろう。その場合例外なくタゲ切りで消滅させられる運命にあり、戦利品が欲しい場合、あらかじめ張り込んでおくなどしないと出会えるかは非常に厳しい。
しかし12月7日のバージョンアップより出現条件が大幅に緩和されていて、今では満月時に行けば比較的に楽に戦うことができるだろう。

ガは数名でくらっても1200~1500前後くらうため、前衛も後衛も最低でもHP2200以上ブーストしておきたいところ。
盾に関しては最低でも3500以上推奨。
残りHPが3割以下になると1500前後の範囲WS連打してくるため、戦闘不能に陥りやすい。なので前衛後衛共に抵抗軍戦績で入手できる侠者の薬と愚者の薬を用意しておくことが望ましい(戦闘不能になったまま倒してしまうとアートマが入手できなくなってしまうため)。
WSのほとんどが魔法ダメージなので強化を消されたらすぐにシェルをかけなおすとよいだろう。



以上、参考になればっ!
関連記事
[ 2011/01/17 12:45 ] アビセア NM | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://pasgaba.blog102.fc2.com/tb.php/1099-13b6b37c












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。